株式会社LAZARUS(ラザロ) - 大阪市中央区本町の歯科技工所株式会社LAZARUS(ラザロ) - 大阪市中央区本町の歯科技工所

2019幕開け・工場見学etc・・

 明けましておめでとうございます、毎年餅を喉に詰まらせがちな村田です。 2019年が始まりました。 今年は年号が変わる記念の年ですね。 ”平成生まれ”というのが、もはやそこまで「若さの象徴」では無くなっているのがビックリです(笑)。 時代は容赦無く進んで行くもんですね。

 

 年末年始は現実逃避の為、しばらく大阪を離れております。 でもそんな中で更新しているという事は、結局仕事から頭が離れていないんでしょうね(笑)。

 

 さて、言い遅れましたが、(理由は色々あるのですが)今年から会社としても個人としても、一切の年賀状を廃止させて頂く事にいたしました。 おそらく気にされている方はいらっしゃらないかと思いますが(笑)、届いていなくても忘れているわけではありませんので・・!

 

 大晦日はテレビは見れない状況だったんですが、那須川天心VSメイウェザーは気になっていたのでネットで逐一チェックしていました。

 

 いや〜しかし体格差は置いといて、あそこまでボクシング技術に差があったとは・・・。 悔しいけど、改めてメイウェザーの強さを再確認。 「天心ならあるいは・・!」という期待は甘かったですね。 「蹴りがあれば勝てた」という意見もありますが、おそらく蹴りを入れてしまうと、その分パンチが手薄になり、やはり負けていたと思います。 

img_f8badee12f6215f6cfdf48888afe826e155051.jpg

 

 今回の試合では、かなりメイウェザーは手加減しているように見えました。 ”蹴りあり”だと、メイウェザーは本気にならざるを得ないので、下手したら天心の選手生命を奪うくらいのダメージを負わされていたかもしれません。 それくらい実力差を感じた試合でした。 フリーザ登場時のサイヤ人たちを見ているようでした。

26304ff7.jpg

 

 しかし、エキシビジョンなので「戦歴」にはならないとはいえ、天心にとって負けたのは事実です。 いくら視聴率のためとはいえ、あんな「日本の宝」をあんな形で土をつけるのはどうでしょうか・・? RIZIN運営サイドはもっと彼を丁寧に扱うべきです。

 

 しかし、まだ彼は若いですし、この敗戦を必ず生かして前に進む人です。 こんな金・視聴率目当てのエキシビジョンなんかええから、早く『那須川天心VS武尊』のドリームマッチを実現させてくれ!! メイウェザーに10億も使う金があるなら、この戦いも実現できるやろ(笑)?

 

 天心伝説はこれからや!!!! 


 

 さて今回は、前回予告していた「ロビンマスク製作現場突入レポ」をしたいと思います。 

 「ロビンマスク」というのは、「キン肉マン」に出てくるキャラクターで、「正義超人」という正義のヒーロー軍団のリーダだったキャラクターです。 私は昔からこのロビンマスクが好きで、小学校の時は紙でマスクを作ったりしてました。

 9e50e595-5081-35d3-8f1b-4528352e4586.png

 以前にもこのような1/1スケールのロビンマスクは商品化されていたのですが、それは「金属」ではなく「ABS樹脂」というプラスチックのようなもので作られていました。 見た目はかっこよかったのですが、やはり「金属じゃないとなあ。。」という事で購入を断念していました。 ※その当時書いた記事

 

 しかし今回「株式会社キャステム」さんの、金属加工のプロフェッショナル部門「IRON FACTORY」さんにて、”本物の鋼鉄製ロビンマスク”が発売されるという情報を、Instagramでゲットしまして・・! 

 安いものでもないですしちょっと悩んだんですが、酒の勢いで注文。 そこから4ヶ月待ってやっと手元に届きました。

 

 しかしその間、どうしてもどうやって作っているか知りたくなり、「IRON FACTORY」さんに連絡してダメ元で見学依頼をすると快く了承して頂きまして、西日本の出張時に合わせてお伺いしてきました。

 

 広島県の福山市にある「株式会社キャステム」さんは、主に金属の精密部品を作成する会社です。 福岡出張の帰りに福山で下車し、キャステムさんにお邪魔してきました。

S__17145881.jpg

 

 キャステムさんの入り口にそびえ立つ金属部品で出来たゴ◯ラ!! 会社の内容を象徴するようなオブジェ。 かっこええ!

S__17211416.jpg

 

 

 これが、今回訪問させて頂いた「IRONFACTORY」に入ってすぐにあった、ゆでたまご先生のサインとロビンマスク。

S__17211417.jpg

 

 3Dプリンターやスキャナーもたくさんありました。 意外と見慣れた光景(笑)。 IRON FACTORYさんは鋳造のスペシャリストですが、今はこのようなデジタル機器を駆使しているとの事でした。 この辺は、我々の業界もよく似てますね。

S__17211400.jpgS__17211401.jpgS__17211402.jpg

 

 工場内部も見学させて頂きましたが、「鋳造」というのは、基本的に歯科技工で行なっている鋳造と同じです。 そのサイズが非常に大きくなったと考えてください。 理屈がわかるので、見学させて頂いてめちゃくちゃ楽しかったです。

 

・大きなファーネスで焼却しているところ

 img-flow-06-2.jpg

 

・職人さん達が手作業で鋳込んでいるところ!!

img-flow-07.jpg

 

・スプルーカット!!

img-flow-09.jpg 

   

 さて、ロビンマスクですが、もちろん『鋳造』にて作製されているんです・・!! マスクの原型のワックスパターンを鋳造するのですが、(技工士ならわかると思いますが)あれだけ大きな金属をキャストするとなると、やはり「鋳巣(鋳造した時に出来る欠陥である穴の事)」が大きな敵だという事でした。 

 やっぱり対策としては、ベントをつけたり湯だまりをつけたりして対応するとの事でした。 

 

※鋳巣の参考画像

inmani002.JPG

 

 こうした苦労を重ねて出来た「鋳物」ですが、IRON FACTORYさんはキャストのプロであり、研磨のプロでは無いので研磨はしないとの事でした。

 では、この鏡面研磨はどのように得られるのでしょうか・・?? 

S__17211418.jpg

 

 答えは、「研磨のプロに外注する」という事です。 

 

 皆さんは「磨き屋シンジゲート」という、新潟県燕市にある研磨のプロフェッショナル集団をご存知でしょうか? あらゆるものを磨き上げる、文字通り「磨きのプロ」です。

tsubame1.jpeg

 

 iphoneが世に出る前、「iPod」というものがありました。 そのiPodの背面が鏡面だった事を覚えてますか?

 3億台のiPodの背面の鏡面研磨を一手に引き受けたのが、何を隠そう「磨き屋シンジゲート」だという事です。 あのスティーブ・ジョブズが彼らの職人魂に感銘を受けてオーダーしたというのは有名な話です。

tsubame4.jpeg

 

 で、今回の研磨はその「磨き屋シンジゲート」に委託したとの事です。 「機械研磨」の大変さは、我々技工士ならよくわかります。 素晴らしい鏡面研磨。 そりゃあジョブズも惚れるわけです。

 

 

 そんなIRON FACTORYさんには面白い商品がたくさんあるのですが、目玉商品の一つは『マニーパッキャオの左拳』です!!

d35017-4-892869-2.jpg

 

 実際にパッキャオに会いに行って左拳をシリコン印象し、そこにワックスを流し込み、これも鋳造で作製しているとの事です!! 

image4.jpg

 

その時の動画

 

 

 僭越ながら、憧れのパッキャオの左拳(ワックスパターン)と村田の左拳を並べてみました(笑)。 「ボクシングの歴史を変えた男の拳」と、「ビールジョッキしか持たない男の拳」の差は、やはり歴然(笑)!!

S__17211419.jpg

 

 以前、パッキャオへの想いは何度かここで書きましたが、やはりあの憎っくきメイウェザーを倒すのはあんたしかおらん! ほんま頼むわ・・!! もし倒してくれたら、この金メッキの左拳買います・・!! ちなみに価格は108万円(笑)。

 

 で、ロビンマスクに話を戻しますが、注文してから約4ヶ月でやっと手元に届きました。 私は物欲が無いので「待ち遠しい」という感覚があまり最近なかったんですが、これは待ち遠しかった・・・!!

 S__17121316.jpg

 

 これはただのオブジェではなく、弊社の「職人魂の象徴」として飾っておこうと思います。 これは大量生産の金属加工物ではなく、前述したように多くの「職人の技」が集結した結果できたものです。 

 

 作製した人に、「工程の割には値段安すぎませんか?」と聞いたんですが、「とにかく職人の技術を知らしめたかったから、採算は度外視した」との事。 素晴らしい職人魂。 胸が熱くなります。

 

 これ以外にも、IRON FACTORYさんには面白い商品がたくさんあります。 訪問した時、こういうものを見ました。 これは、若いスタッフが自由にアイデアを書き込んでいくホワイトボードです。 実際にここから商品化されるものが多いとの事でした。

※画像は処理しています

S__17211422.jpg

 やはり、若い人の意見は大切です。 弊社もこれは見習いたいと思います。 ジジイの固まった頭からは、もういいアイデアは出にくいです(笑)。

 

 さて、このシリーズはロビンマスクだけで終わるでしょうか・・? まだまだ色んな事を考えていそうな気がしますが・・・(笑)!  期待してます!

 

 今回は見学させて頂き、非常に色んな事が本当に勉強になりました。 お忙しい中、丁寧に対応して頂いた、IRON FACTORYの池田様に心より感謝申し上げます。  

Calendar Loading